キーワードで検索する!
トップページ > 沖縄に移住イン! > 真栄田岬-2 
沖縄に移住イン!海に潜る、ナチュラリストたかねの爽やかエッセイ。

『真栄田岬−2』

2011年6月27日(月)

かなり久しぶりの更新になってしまいました。いくらなんでも久しぶりすぎますね〜。すみません。
沖縄は梅雨も明け、すっかり夏本番です。

その後、真栄田岬【★1】は随分変わりました。
駐車場が広くなり、あぜ道に車が並ぶ風景は過去のものに。シャワールームなどが整備され、軽食を食べられるお店もできました。

遊歩道入口 今日はシュノーケリングをしようとやってきましたが、台風の後でうねりが残っているため「インストラクターと一緒でないと遊泳禁止」の看板が出ていました。
 そこで、予定を変更して遊歩道(→)を歩いてみることに。考えてみたら、いつも「海へ直行!」だったので、はじめてかもしれません。

蝶1
蝶2
さて、まず目に入るのは虫たち、特に蝶は種類が多く、ちょっと歩いてみただけで5〜6種類は見かけます。

 蝶も魚と同じで、飛び回ってばかりでなかなか写真を撮らせてくれない種類と、比較的じっとしていてくれる種類がいます。また、飛び回る範囲も歩道の近くをヒラヒラしている種類と、すぐに木々の向こうに消えてしまう種類がいます。
 写せた左の2種は、図鑑【★2】によると、イシガケチョウと・・普通のモンシロチョウかな(笑)。他にもたくさんいるので、ぜひ、探してみてくださいね。

アダンとカナブン 「ぶーん」と音を立てて飛ぶカナブン(かな?)の後を追ってみると、アダン【★3】の木にたどりつきました。よく見ると、アダンの葉や実にたくさんのカナブンたちが!!!左の写真、ちょっと分かりづらいかもしれませんが、5匹くらい写っています。
 アダン、おいしいのかな〜。

広場 遊歩道の途中には、少し開けた広場があります。ここからは各方向に、少し違う顔をした海を眺めることができます。
 ここまではあまり人も来ないため、とても静かです。今日は1つだけポツンと置かれたベンチで、本を読んでいる方がいらっしゃいました。

短い日程で沖縄を旅行される場合は、「ガツガツ・ダイビング」「ソソクサ・シュノーケリング」になりがちですが、こんな風にゆっくり歩いてみるのもよいものです。
特に、よく晴れた日は(陸から見る)海の色が素晴らしいのでお勧め!
ただし、日焼けには注意したいですね。

関連情報

【★1】真栄田岬
以前のコラム 参照

【★2】図鑑
沖縄のチョウ・蛾の写真画像
琉宮城蝶々園の昆虫図鑑 他

【★3】アダン
海岸沿いなどで普通に見かける植物。
http://www.sebg.co.jp/dictionaly/archv/0101-/post_125.html などで紹介されています。
「島々美しゃ」という歌の中にも登場し、海辺の情景が目に浮かびます。

本ページ「沖縄に移住イン!」掲載情報の著作権はたかね氏に帰属します。
Copyright c 2005 Takane All Rights Reserved.
 
  プロフィール 伊集院たかね
街を歩き、海に潜る、
■伊集院たかね
 
埼玉県出身。海がなかったためか、子供の頃から沖縄の青い海に異常な憧れを持つ。
1991年春初来沖。以後、多額の旅費を注ぎ込んだ挙句、2001年春より沖縄在住。
泳ぐの大好き。趣味はスキューバダイビングの他、三線と島唄(まだまだ初心者)。
▼ホームページ海の家
http://www.uminoie.jp/
 
▲上に戻る
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)