キーワードで検索する!
沖縄に移住イン!海に潜る、ナチュラリストたかねの爽やかエッセイ。

『若夏』

2006年5月8日(月)

デイゴ1
デイゴ2
だんだん日差しが強く、痛くなってきました。曇っていても油断しているとあっという間に焼けてしまいます。
 沖縄では、今頃の季節を「若夏」(わかなつ)といいます。(「うりずん」は少し前、3〜4月頃です。)

 デイゴの花【★1】の季節でもありますね。公園の木や街路樹に鮮やかな赤い花をたくさん見かけます。
 少し年配の方の中には
「昔はデイゴといえばお墓に植えてある花、というイメージさー」
とおっしゃる方もいますが、今はどこにでも、よく見かけられます。

 また、歌【★2】にも「デイゴの花が咲き 風を呼び嵐がきた」 とあるように、デイゴの花がたくさん咲くと台風の当たり年、とも言われています。 今年は昨年に比べると少なめ、のような気がしますがどうでしょう・・・。


さて、ゴールデンウィークでしたね。沖縄にも沢山の方々がいらしてました。お天気も(一時大雨が降った時間帯もありましたが)それほど大崩れせず、よかったです。  そして、家の近所の港では、毎年とても楽しみにしているイベント「那覇ハーリー」【★3】が開催されました。新聞【★4】によると、3日間で計25万人程度の人出があったようです。

ハーリーレース さて、このハーリー(爬竜船)のレース、中学生と一般(職域)とで、たくさんのチームが出場します。揃いの衣装で、水しぶきを浴びながら力強く櫂を漕ぐ、にぃにぃ(お兄さん)たちの姿はとてもカッコよく、応援も盛り上がります。

 一般競漕では、県内の企業や自衛隊、青年会などの他、インドネシアや中国からのチームも参加していました。【★5】
 最終日の夕方には、「御願(うがん)バーリー」「本バーリー」で全ての競漕の締めくくりとなります。
 「御願バーリー」は「古式ハーリーに則った衣装でハーリーウタ(歌)を歌いながら、ゆっくり とあざやかな櫂さばきで港内を回遊する儀式」とあります(美ら島物語 より)。
 「本バーリー」では、
・那覇(濃緑色/「大和」を表す)
・久米(黄色/「中国」を表す)
・泊(黒色/「琉球」を表す)
の3チームのレース。今年は那覇の勝ち、で3連覇だったようです。

巡視船 競漕以外の催しも沢山あります。海上保安庁の巡視船【★6】の「一般公開」では、自称「船好き」?の私はもちろん、大喜びで毎年乗っています。

 船の中には、運航のための色々な機械や、沖縄周辺の海図などもあり面白い。パソコン、プリンタや、ドコモのアンテナらしきモノもありました。かなり高い位置にあるデッキに上ると、海風が気持ちよく、ハーリー会場が一望できます。

全景 会場にはたくさんの出店が出て、賑やか。「やぎ汁」「牛汁」など、沖縄ならではのお店もあります。

夜・ディアマンテスライブ ステージでは、3日間昼も夜も、ずっとライブやテレビの公開録画など行われています。特に、最終日夜のディアマンテス【★7】のライブは毎年とても盛り上がります。写真で熱気が伝わるかな?

 花火も毎晩上がります。ライブの後、ビールを飲みながらの花火見物は最高!


那覇ハーリーが終わると、そろそろ梅雨入りです。そして、旧暦5月4日(今年は5月30日)に行われる糸満ハーレー【★8】の鐘が鳴り響く頃、梅雨が明け、沖縄は(もう「若」くない)本格的な夏に突入します。

関連情報

【★1】デイゴの花
沖縄県の県花です。
「身近な植物図鑑」より
また 「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」
によると、琉球大学の合格電報の文面は「デイゴ咲く」だそうです。

【★2】
BOOMの「島唄」。
国内のみならず海外でも大ヒットしたそうです。
THE BOOM 公式サイト より

【★3】那覇ハーリー
毎年5月3日〜5日、たくさんの人で賑わうイベント。
沖縄観光コンベンションビューロー  真南風プラス より
美ら島物語 より 他

【★4】新聞
沖縄タイムス

【★5】
参加チームについては、一部ですが こちら
写真右側はレースの組み合わせ表、左側はレース結果(タイム)です。
予選が全て終わり、決勝(A/B)が行われる前の時点のもの。

【★6】巡視船
今年来たのは、「りゅうきゅう」。
海上保安庁のサイトより
〃(巡視船「りゅうきゅう」一般公開)

【★7】ディアマンテス
言わずと知れた?ウチナーラテンバンド。
屋外イベントにめっぽう強く(と私は思っている)、子供からおじぃまで、皆踊ってしまいます。
公式サイト

【★8】糸満ハーレー
沖縄観光コンベンションビューロー  真南風プラス より 他
糸満は、沖縄本島の中でも旧暦による生活、行事が多く残っている地域です。また、昔から漁が盛んで、ハーレーも「海人たちの行事」色が強く、「那覇ハーリー」とはかなり違った面白さがあります。
那覇は「ハーリー」、糸満は「ハーレー」といいます。

本ページ「沖縄に移住イン!」掲載情報の著作権はたかね氏に帰属します。
Copyright c 2005 Takane All Rights Reserved.
 
  プロフィール 伊集院たかね
街を歩き、海に潜る、
■伊集院たかね
 
埼玉県出身。海がなかったためか、子供の頃から沖縄の青い海に異常な憧れを持つ。
1991年春初来沖。以後、多額の旅費を注ぎ込んだ挙句、2001年春より沖縄在住。
泳ぐの大好き。趣味はスキューバダイビングの他、三線と島唄(まだまだ初心者)。
▼ホームページ海の家
http://www.uminoie.jp/
 
▲上に戻る
利用規約/免責事項プライバシーポリシーリンクポリシー広告について運営についてサイト推薦・登録求人情報お問合せヘルプ
Copyright © 2005-07 NatureOKinawa All Rights Reserved.
沖縄の自然と環境総合情報サイト ネイチャーオキナワ NatureOkinawa.com
マネージド専用サーバのことならテトラビット
本ウェブサイトは 有限会社テトラビットサーバ技術を活用し運用されています。  powered by TETRABIT(テトラビット)